心を平穏に保つには【コラム】

今日は「心を平穏に保つには」というお話をさせていただきます。

「心を平穏に保つ」為の方法のひとつに、自分のイヤだと感じるもの(ワガママではなく)を選択しない、それを遠ざけるという事です。

そこで大切なのは、自分のイヤな事を否定するのではなく、あくまでも「選択」という客観的な視点を持って判断します。

感情にまかせて判断をしてしまいますと、嫌いなものから逃げた、という感情が自分の中に生まれてしまいます。

「逃げた」という感情は時に、ネガティブ感情として心に残ってしまうので、決して良いものではありません。

例えば、自分と相性が悪く、しゃべっているだけで具合が悪くなるような人がいたとしたら、それは、 「遠ざける」べき存在なのです。

過去のメルマガでも何度も伝えてきておりますが、我慢をして身体に不調が出ている環境は、すぐにその場を離れ(遠ざける)なければなりません。

言葉のちょっとした使い方ですが、逃げることは悪い事のように感じてしまう方は、「逃げた」のではなく「遠ざけた」、または「違うものを選択」したと考えると少しは気持ちが楽になりませんか?

自分の心の平穏を保つ為、ワガママではなく、自分をネガティブにさせるもの、自分を傷つけるものは選択せずに、遠ざけること。

それによってご自身が幸せを感じることで、あなたはもちろん、周りの人も幸せにする事ができます。

社長インタビュー動画サイト【社長JP】編集部


ニュース&トピックス一覧へ戻る