転職と天職【コラム】

今日は「転職と天職」というお話をさせていただきます。

もし、ご自身が手先が器用でしたら、物を作るようなお仕事が良いでしょうし、人に教えるのが上手であれば、先生や講師に向いていると言えるでしょう。

生まれつきご自身が得意な分野、強みを生かせる仕事をするのが、一般的に「天職」と言います。

持って生まれた才能を生かすことで、それほど努力しなくてもうまくいく事が多いのです。

ところが、自分の本当にやりたい事で、人生の充実感を味わいたいなら自分の得意な事を仕事にする以外にも選択肢があります。

例え自分が苦手な事でも「それをやりたい」と強い情熱があれば、それはあなたに、それをできる力がすでに存在しているということです。

今はその仕事に必要な能力が足りないとしても、少しづつ磨くことで可能になります。

もし、他にやりたい仕事が他にあるなら、その仕事を最終的な目標にしてみてください。

しかし、現実的には、転職をあせってはいけません。

少しでも心の違和感を感じたなら、急ぐ必要はないのです。

転職の判断を誤ってしまうと、しばらくはその状況に甘んじなければならないかもしれません。

いつかは、希望の仕事に就けるという気持ちでいれば今の仕事も楽しめるでしょう。

チャンスは無限に巡ってきますので、もう少し待てば、また素晴らしいチャンスが巡ってきます。

そして、ここぞ!というチャンスがきたら、思い切って、変化を恐れずに1歩を踏み出してみてくださいね。

社長インタビュー動画サイト【社長JP】編集部


ニュース&トピックス一覧へ戻る