あなたが悩んでしまう理由【コラム】

私達の悩み事には2種類あります。

1つ目は、思考(頭)と思考(頭)で考えて2つの選択肢を悩んでいる場合と、2つ目は、思考(頭)で考えている答えと、魂で感じた時の答えが違う場合に悩んでしまいます。

思考で悩んでいる時は、迷っていてもどちらかを選択することで悩みは解決できる事があります。

悩みがとても深いという場合は、「思考で考えた時」と「魂で感じた時」の答えが違う場合です。

実は、思考で考えた答えと、魂で感じた時の答えはまるで正反対の事が多いので、さらにこの問題を複雑にさせてしまいます。

この悩みは長いと数年、数十年続く場合があります。

人によっては、一生かかっても答えがでない場合もあります。

例えば、今はサラリーマンをしているけれど、本当は脱サラして何か商売をやりたいとずっと心の底(魂)から感じていた。

しかし、ここで会社を辞めてしまうと住宅ローンや車のローンもあるし、子供がまだ小さいから会社を辞める訳にもいかない。

何か商売をしたいけれど、まだ何をやりたいかがハッキリと決まっていないし、商売をしても、成功するとは限らないけれど、自分の夢に挑戦してみたい。

このまま家族の為に我慢してサラリーマンを続けるべきか?
それとも自分の夢を追いかけるべきか?

自分が我慢さえしていれば、家族は平穏無事でいられる可能性は高いけれど、自分のストレスもそろそろ限界にきていて、これ以上続けると身体を壊してしまいそうだ。

でも、突然、会社を辞めたいと家族に相談したらなんと言われるだろうか?と、いった感じです。

思考は、今の現状の分析を冷静にしますが、魂は本当にやりたい事を繰り返しあなたへメッセージとして届けます。

人間は自分のやりたい事をする為に生まれてきています。

例え、一時的な我慢があったとしても我慢を長く続ける事は本来生まれてきた目的ではありません。

もちろん、簡単に答えがでない状況もありますが、決断をしなければ人生が前に進んでいきません。

未来を変えるには、今、何かを決断する必要があります。

人が人生の終わりに後悔することは、やったことではなく、やらなかった事と考えますと、あなたは今、どんな決断をしてみますか?

社長インタビュー動画サイト【社長JP】編集部


ニュース&トピックス一覧へ戻る